しばらく雨の日が続いておりました。

昨日は、久しぶりに青空を見ることができ、日中は暖かく過ごしやすい一日でした。

そろそろ中庭の梅が咲くころかなと思っていたところ、昨日、二つ花が咲いていました。つぼみもポツポツと膨らんできていますので、もっと咲くのが楽しみです。

梅は寒さ厳しい時期に、どの花よりも一番に咲くことから、どの人よりも一番に成果を出すようにとのことで、おめでたい植物「松竹梅」の中に入っています。また、つぼみも真っすぐに伸びていることもその理由の一つとされています。京都では、受験の神様として知られている北野天満宮は、梅で有名ですね。

京大和の山門をくぐり、中庭を少し進んでいただくと、「松」「竹」「梅」がほぼ並んで、みなさまをお迎えしています。松竹が力強く中庭を支えている中、可憐に咲く梅がとてもかわいらしいです。

中庭の花や木々も、なかなかお客様の目に触れる機会が少ない日々ですが、いつお客様にご覧いただいてもいいように、庭師さんが丁寧にメンテナンスをしてくださっています。ブログを通じて、みなさまに中庭の様子をご覧いただけましたら幸いです。

時代時代に合わせた結婚式スタイル

ウィズコロナ、アフターコロナの生活様式は大きく変わると言われておりますが、結婚式のスタイルも変わっていくのではないかと考えております。

盛大に行われる結婚式ももちろん引き続きご希望になられる方も多いかと思いますが、ご家族のみ少人数の結婚式も更に注目されるのではないかと思っております。

京大和では新郎新婦様の様々な想いをお受けし、多様な結婚式の対応を行っておりますので、ぜひお問い合わせくださいませ。